• ホーム
  • むくみと高血圧の関係とは?

むくみと高血圧の関係とは?

血圧を測定される女性

むくみは、高血圧と関係があります。
高血圧になると、血液の流れが悪くなるため、循環器に障害が出たり、体温が低くなったりします。
また、酸素が不足することによって、身体の様々な機能が低下していきます。
代謝機能が落ちていくため、むくみとなって身体に変化があらわれるようになります。
むくみは、手や足、顔などにあらわれます。
むくみがある場合には、病院を訪ね、診察をしてもらうことが必要です。
多くの場合は、血圧が高くなっていますので、血圧を下げる治療や、食生活の注意を受けるなどします。
また、腎臓等、臓器の疾患によって、血圧が上がり、むくみという現象が起きることもあります。
そういった場合は、悪い部分を治す治療をしてもらいます。
また、日頃の生活の中で、自分達で気をつけることを医師等から教わります。
むくみを解消するためによい食品や飲み物なども多くありますので、自分達に合うものを試してみるなどして、努力をすることも必要です。
まず医師に相談をし、治療が必要な場合は治療をしてもらい、日頃も自分達で出来る努力をすることが大切なこととなります。
よく使用されるむくみ解消の医薬品はラシックスです。
その主成分であるフロセミドでむくみを解消することができるので試してみるのもいいでしょう。
また漢方薬などが効くこともあります。
しかしこういったものも、効果がよくあらわれる人と、そうでもない人、さらには副作用があらわれる人など、体質の違いによって、効果は様々となります。
したがって、医師と相談をしながら、自分に向いた食品や飲み物、薬品を決めることが必要です。
ひとりであれやこれやと悩むことは無意味なことです。
専門的な知識と多くの人達と関わり、経験豊かな医師に何でも相談出来ることが大切なこととなります。
自宅の近くや職場、学校の近くに信頼出来る医師がいることが安心出来ることとなります。

サイト内検索
人気記事一覧